2021.06.08

研修メニューのご紹介「山本五十六に学ぶ 10のマネジメントスキル」

連合艦隊司令官であった山本五十六の名言に、「やってみせて、言って聞かせて、させてみせて、褒めてやらねば、人は動かじ」という有名な言葉があります。
実は、この言葉には続きがあります。
「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず
「やっている姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず
「人を動かす」、「人を育てる」、「人を実らせる」。この3つは部下育成の全てを表していると言っても過言ではありません。
メンタルクリエイトでは、この名言を分解し、項目ごとに解説する研修を行っています。ワークショップ形式で行う大変好評なマネジメント研修です。

ご関心のある担当者の方は,お気軽にお問い合わせください。

◆研修項目
1.やってみせる ~マネジャーとしての最適な立ち位置~
2.言って聞かせる ~ダイバーシティの時代に求められる説明スキル~
3.させてみせる ~成功体験と失敗体験の積ませ方~
4.褒める ~効果的な5つのフィードバック技法~
5.話し合う ~関係性を変える効果的な質問技法~
6.耳を傾ける ~カウンセラーが教える聴き方の型~
7.承認する ~承認弱者を作らない3つの仕掛け~
8.任せる ~任せることの意味とマネジャーが受ける恩恵~
9.感謝する ~モチベーションのドライブとなる感謝の言葉~
10.信頼する ~マネジャーの自己信頼と弱さを見せるということ~