メンバー紹介

代表 江口 毅 Tsuyoshi Eguchi

ブラジルで生まれ、福井県敦賀市で育つ。
東京学芸大学を卒業後、都内精神科クリニック係長、株式会社ジャパンEAPシステムズ部長を経て、2013年にメンタルクリエイトを設立。
13年間の管理職経験、100社以上のコンサルティング経験、18,000件以上のカウンセリング経験、2,500回以上の研修・講演経験を踏まえて、サービスを提供している。
メンタルヘルスの専門家としての視点で人材開発や組織開発を行なっている点が特徴である。
<資格>
精神保健福祉士(国家資格)
社会福祉士(国家資格)
メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅰ種・Ⅱ種合格
<役職等>
東北福祉大学 兼任講師
産業能率大学 兼任講師
自由が丘産能短期大学 兼任講師
日本学校メンタルヘルス学会 評議員
オンライン月考会 世話人
<所属学会>
日本産業精神保健学会(精神保健福祉士部会メンバー)
日本精神衛生学会
日本学校メンタルヘルス学会(評議員)
<著書>
『管理職のためのこころマネジメント』(労務行政)
『明日から始められるメンタルヘルス・アクション』(税務経理協会)
<専門雑誌への寄稿>
120本以上
教育学部に在籍していた大学時代、大学の外の活動で思い至ったことは、「大人の健康度が子どもの成長に大きな影響を与える」ということでした。
精神科クリニックに在籍し、アルコール依存症の方々との関わりで思い至ったことは、「社会の生きづらさ、大人の生きづらさ、家族の生きづらさはつながっている」ということでした。
EAP専門会社に在籍し、組織へのコンサルティングや勤労者へのカウンセリングの中で思い至ったことは、「所属する組織が健康であれば、勤労者も健康である」ということでした。

「私たちが生きている社会」、「私たちが生活する地域」、「私たちが所属する組織」、「基礎単位としての家族」、それぞれのメンタルヘルスは一本の糸でつながっています。
メンタルヘルスの専門家として、今、そのつながりを強く感じています。
メンタルクリエイトは、組織の生産性向上と従業員の活性化を目的に支援を行います。
その先には、「幸せな家族」があり、「活気のある地域」があり、「明るく活力ある社会」があると信じています。そのようなメンタルヘルスの正の連鎖を生み出すことこそ、メンタルクリエイトが目指すゴールです。