2021.07.07

令和2年度個別労働紛争解決制度の施行状況(厚生労働省)

・総合労働相談件数は前年度より増加(129万782件)。13年連続で100万件を超え,高止まりの状況。
・助言・指導の申出件数、斡旋の申請件数の全項目で「いじめ・嫌がらせ」の件数が引き続き最多。

→詳細はこちらをご覧ください。